前のページへ戻る
「主を慕い求める」
クレマチス

担当 石川剛士 牧師
聖 書『なぜあなたは憤るのですか、なぜ顔を伏せるのですか。正しい事をしているのでしたら、顔をあげたらよいでしょう。もし正しい事をしていないのでしたら、罪が門口に待ち伏せています。それはあなたを慕い求めますが、あなたはそれを治めなければなりません。』 創世記4章6節、7節

 エバに生まれた二人の男子、兄カインと弟アベルが主に供え物をしました。主はアベルの供え物だけに目を留められ、カインとカインの供え物には目を留めませんでした。カインは激怒していたときに、主はカインに声をかけられます。罪が門口に待ち伏せしている、そしてその罪があなたを慕い求めていると。「一生懸命やったのに!」カインの声が聞こえてくるようです。カインは怒る気持ちを治めることが出来ずに、アベルを殺してしまいました。
 主はカインに悔い改めの信仰を求めて声をかけられましたが、カインは答えることができませんでした。私たちはカインの失敗に学ぶ必要があります。
 一生懸命やっても受け入れえもらえないことはあります。その時私たちは怒りますが、神様のために一生懸命ささげたならば、結果も神様にお委ねすべきです。すべては神のものだからです。
 罪を離れ、主を慕い求めることが主の御心です。
 イエス様は、祭司長や律法学者らの怒りの声と共に十字架につけられ殺されました。神はひとりごを十字架につけることで、すべての罪びとを赦す愛を示されました。私たちも怒りがわいた時、神様の愛の言葉を思い出しましょう。神に立ち返りましょう。罪を離れ、主を慕い求めることが主の御心です。

前のページへ戻る
  © 2015 Tanagura Church. All rights reserved.
  [このホームページの制作は、コムハートが担当させて頂きました。]