前のページへ戻る
主にあって喜びなさい
ありがとうございました。

『あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。繰り返して言うが、喜びなさい。…何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに、感謝をもって祈と願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない神の平安が、あなたがたの心と思いとをキリスト・イエスにあって守るであろう。』 ピリピ人への手紙4章4~7節

担当:佐川直実 牧師 

 今年も今日で終わろうとしていますが、皆さんの心の中にはどのような思いがあるでしょうか。成功したこと、上手くいかなかったこと、人間関係における様々な感情、心配すべき課題や反省すべきこと…思いめぐらすと、素直に感謝できないような領域もあるかもしれません。しかし感謝すべきことに、聖書を通して神は「主にあって喜びなさい。」と私達に命じておられます。なぜなら、「主にあって」私達の人生は保証されているからです。「神はあなたを愛した一年だった。どんなに上手くいかないことがあっても神はあなたの味方であり、あなたと共にいた。あなたの罪やあやまちは、イエス・キリストの身代わりの十字架によってゆるされている。マイナスと思える出来事をも、神の大きな御手の中で最善に変えられていく。私達の思いを越えて神の最善はなされる。主にあってあなたの人生は喜ぶべきものである。だから主にあって喜びなさい。」と聖書は語るのです。
 この手紙を書いた当時、パウロは、牢獄の中にいて、自分の思い通りに生きる自由はありませんでした。けれども神を信じ、すべてをゆだねることによって与えられる心の自由と、それによって与えられる喜びを経験していました。私達は、牢獄には入っていないかも知れませんが、いろいろな責任と義務に縛られています。もしその重荷を、必要以上に背負い込んでしまっているなら、一度立ち止まり、主にあって限りある命を生かされていることを思い出し、神を感謝し喜ぶことが大切です。なぜなら、神は私達の近くにおられ、私達の願いに応えてくださるからです。この恵みを忘れないで、神を信じる信仰によって思い煩いを捨て、「主にあって」今年一年を振りかえらせていただきましょう。

前のページへ戻る
  © 2015 Tanagura Church. All rights reserved.
  [このホームページの制作は、コムハートが担当させて頂きました。]