前のページへ戻る
祈ることを教えてください~誘惑からの救い
もみじ

「わたしたちを試みに会わせないで、悪しき者からお救いください。」マタイ6章13節

担当:佐川直実 牧師 

 主の祈りの第6の祈りは、誘惑から救われることを求める祈りです。
1、試み、誘惑に対して無力な私達
 「試み」は原文で「誘惑」とも訳される言葉です。誘惑とは、私達を神様から引き離そうとするものです。誘惑に陥るとは、心が神様から離れ、神様なしに一人で生きて行こうとしてしまうということでもあります。イエス様は、私達の身の回りに誘惑が存在することを知っておられました。また、私達がそれらの誘惑に対して弱いことを知っておられました。ですから、「我らをこころみにあわせず、悪より救いいだしたまえ」という祈りを教えて下さったのです。私達が今抱えている心の重荷は何でしょうか。しかし、問題があるということが本当の問題ではありません。「この問題も神様の手の中にあり、神様が最善に導いて下さる」と、神様に信頼することができないことこそが本当の問題です。悪魔の策略は「神の誠実を疑え」です。神様が力なく、罪を赦さず、愛して下さらないという偽りを私達に信じこませようとします。「神様を信じなくさせる誘惑から、私を助けて下さい。神様以外の虚しいものから目を離れさせて下さい。」
2、誘惑に勝利した主が共に祈り、支えて下さる
 私達が神様に信頼し、従って生きようとする時に、そこには必ず様々な誘惑がやってきます。それならば、なぜこの祈りを祈るのでしょうか。それは、この祈りをもってイエス様と共に誘惑に立ち向かうためです。私達には勝利できませんが、私達の内に生きておられるイエス様は誘惑に打ち勝つ力があります。イエス様もこの地上で誘惑にあわれましたが、勝利されました。「主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、試錬の中にある者たちを助けることができるのである。」へブル2:14~18
 誘惑に負けてしまう私達が何度でも赦され、主に信頼して生きるようにイエス様は十字架の上で死に、復活して下さいました。(ルカ22:32)

前のページへ戻る
  © 2015 Tanagura Church. All rights reserved.
  [このホームページの制作は、コムハートが担当させて頂きました。]