前のページへ戻る
人生に希望を与える主
ばら

 さてここに、十二年間も長血をわずらっている女がいた。多くの医者にかかって、さんざん苦しめられ、その持ち物を費してしまったが、なんのかいもないばかりか、かえってますます悪くなる一方であった。この女がイエスのことを聞いて、群衆の中にまぎれ込み、うしろから、み衣にさわった。
マルコによる福音書5章25~34節
担当:佐川 直美 牧師

 聖書にはさまざまな人がイエス様に近づこうとしたことを語ります。不思議ですが、順調に人生を歩んでいる人々よりも、苦労し、痛み、傷つき、病んでいる人が多く出てきます。今日の長血を患っていた女性もそうです。そして、律法学者やパリサイ人のように人々から尊敬されている人よりも、痛みや弱さを素直にもっていった人ほど、イエス様の素晴らしさを知っていくのです。
 神様は私達のすべてを知り、どんなことでもお出来になるお方です。それなのに、なぜ、私達が苦しみに遭うことを(それも、長い間)ゆるしておられるのでしょうか。神様が愛なるお方で良いお方であるならば、なぜ、理由の分からない苦しみがあるのでしょうか。私達にはそれを理解することはできません。しかし、イエス様は「こころの貧しい人たちは、さいわいである、天国は彼らのものである。悲しんでいる人たちは、さいわいである、彼らは慰められるであろう。」(マタイ5章)と語られました。自分自身の苦しみや弱さを正直に認め、心の扉をひらいて主に打ち明けることを、「さいわい」だと招いておられます。羽鳥明牧師は、「ちょっとでも心をひらくならば、主はとどいて下さる」とよくお話しされていたそうです。長血の女性も後ろからちょっとだけ、イエス様にふれただけでした。しかし、その結果は素晴らしかったのです。私達も、ちょっとだけでも心を神様にひらき、本当のことを打ち明けようではありませんか。主は苦難の人生に慰めと希望を与えて下さいます。

前のページへ戻る
  © 2015 Tanagura Church. All rights reserved.
  [このホームページの制作は、コムハートが担当させて頂きました。]