前のページへ戻る
神に帰れ 
紅梅

 『われわれの神に帰れ、主は豊かにゆるしを与えられる。わが思いは、あなたがたの思いとは異なり、わが道は、あなたがたの道とは異なっていると主は言われる。天が地よりも高いように、わが道は、あなたがたの道よりも高く、わが思いは、あなたがたの思いよりも高い。』
聖 書  イザヤ書55章6~11節

 1.神に帰れ(6~7)
  私たちは時に、神様が遠く離れてしまったかのように感じる事はないでしょうか。自分の罪を示され、このような自分に神様は怒っている、蔑んでいる…と。しかし驚くべきことに、私たちに対する神様の愛は決して変わりません。むしろ神様は、罪に苦しむ私たちを憐れみ、愛なる神様を見失い、愛に留まることを諦めてしまいやすい私たちの弱さを知って、あえて「あなたがたは主にお会いすることのできるうちに、主を尋ねよ。近くおられるうちに呼び求めよ。われわれの神に帰れ、主は豊かにゆるしを与えられる」(6~7)と招いて下さっています。「何があろうとも、本当の意味であなたを生かし、満たすことができるのはこのわたしなのだよ。あなたのどんな罪や失敗をもわたしは豊かにゆるすのだから、わたしに帰りなさい」と。果たして私たちは、何をもって心の渇きを満たそうとし、自分を守ろうとしているでしょうか。私たちを生かし満たし守って下さる神様に何でも尋ね、ありのままの姿で帰らせていただきましょう。(1~3)
 2.わが思いは、あなたがたの思いよりも高い(8~11)
  主と共に生きるということは、この世界や自分の周りにある現実を、「主の高い視点」から見直し続けることでもあります。自分の視点だけですべてを知ったつもりにならないで「わが思いは、あなたがたの思いよりも高い。」(8~9)と語られる主の声を聴き、日々主に尋ねながら歩ませていただきましょう。私たちの思いよりも高い主の思いを覚える時に、私たちは限りある自分の理解と思いから解放され、すべてをご存知である主にゆだねて生きるという自由が与えられます。「心をつくして主に信頼せよ、自分の知識にたよってはならない。すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」(箴言3:5)物事の背後にある主の思いに、いつも目を向けさせていただきましょう。

  © 2015 Tanagura Church. All rights reserved.
  [このホームページの制作は、コムハートが担当させて頂きました。]