前のページへ戻る
主についていく道 
寒椿

『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう。人が全世界をもうけても、自分自身を失いまたは損したら、なんの得になろうか。』
聖 書  ルカによる福音書9章23~25節

 イエス様についていくということは、強制された義務ではありません。しかし、イエス様についていく道こそ、私たちが本来の自分を取り戻し、力が発揮される生き方でもあります。ですから、イエス様は「従いなさい」と共に生きることを私たちに招くのです。
①自分を捨てる道(23)
私たちは神に愛されています。「自分を捨てる」というのは、自分をないがしろにするという意味ではなく、自分が神に愛されている「神のもの」であることを認め、自分の正しさに固執しないで、全能の愛なる神に降参し、ゆだねきるということです。
②日々自分の十字架を負う道(23)
十字架とは罪人の象徴であり、ゆるしと愛の象徴でもあります。また十字架とは、神が私たちに与えておられる使命(目的)でもあります。あなたにしかできない使命を神は与えておられます。「自分の十字架」ですから、誰かと比べる必要がありません。十字架を負う時、私たちは徹底的に無力さを教えられ、うち砕かれるかもしれません。しかし、そこにいつも主がおられ、その先に必ず復活の主の栄光が待っています。あなたの十字架の苦しみをイエス様は誰よりも知っておられ、共に生きて下さいます。
③あなたらしく本当に生きる道(24,25)
「自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救う…」とは、「そうでなければ、あなたはあなたらしさを失ってしまいます。あなた自身を失うことになります。あなた自身を失ってどうするのですか?」という主からの問いかけです。お互いの生活領域は違いますが、それぞれがその場で主の促しに応えて行きたいものです。

  © 2015 Tanagura Church. All rights reserved.
  [このホームページの制作は、コムハートが担当させて頂きました。]